自宅でできるリハビリについて

JU076_72A10.jpg

脊髄小脳変性症や多系統萎縮症は脳、神経の病気です。
急に体調が悪くなって、命に関わるということはあまりありません。
ゆっくり進行をしていく病気でもあるのです。
ですから病気が発覚したからと言って、すぐに入院生活になるわけではありません。
自宅で経過を観察するということが多いのです。

効果的な治療法の1つとしてリハビリが挙げられます。
実際に病院に行って、リハビリを受けることもありますが、自宅で過ごしている間は出来るだけ自宅でもリハビリを行うと良いです。

病気だからと言って、なんでも家族が代わりに行ってしまうと患者のストレスにもなります。
出来るだけ普段と同じ生活を送ることが出来るような配慮が必要です。

例えば、トイレは1人で行くということ。
寝たきりになってしまってもその気持ちはずっと持っておくことが大事なのです。

そして出来るだけ歩くということ。
家の中では積極的に歩くということを続けたほうが良いのです。

自宅でもちょっとしたことでリハビリを行うことが可能になります。
ですから自分で出来ることは積極的に行い、家族任せにしないということが大事なのです。
これは体の面のみならず、心の面でのリハビリにもつながっていくことなのです。

リハビリの重要性と目的意識

脊髄小脳変性症や多系統萎縮症は、体の機能が段々失われていく病気です。
特効薬はありませんし、完治をすることも今のところありません。
医療が進歩をすれば、発病の原因を突き止めることもできるかもしれませんし、特効薬も発見されるかもしれません。
しかし今の段階ではそれも難しいのです。

薬もありますが、病気の進行を緩やかにしたり、症状ごとに対応をする薬を服用するという程度しか考えることが出来ないのです。

だからこそ、リハビリが大事になります。
リハビリとは、筋肉の衰えなどに効果があります。
支障なく普段の生活を送ることが出来るように、筋肉をつけたりすることがリハビリを行うことによって叶えられるのです。

歩行困難になってしまうことが多い病気ですから、足に筋肉をつけることによって自分の足で歩くことが出来る時間を延ばすということにもなります。
逆に何も行わないでいると、足の筋肉はどんどん落ちてきてしまいます。
やがて完全に歩くことができなくなってしまうのです。
歩く感覚を覚えておくということもリハビリでは期待できるのです。

脊髄小脳変性症や多系統萎縮症は現在のところ、リハビリによって病気の進行を緩やかにすることが可能となっています。

必要な介護道具について

脊髄小脳変性症や多系統萎縮症の患者に必要な介護用品はたくさんあります。
段々症状が悪化する病気でもあるので、症状に応じて必要となる介護用品も異なります。

歩行が困難になるのがこの病気の特徴でもあります。
歩行困難によって病気に気が付くということもあるくらいなのです。
ですから、杖はどうしても必要になります。
この杖にもたくさんの種類があるので、どれを選ぶのか、どういうものが使いやすいのかということを検討する必要があります。

発症から年月が経つと寝たきりになることも多くなります。
その際には介護ベッドが必要です。
介護ベッドは介護をする人が介護をしやすいように工夫がされています。
また患者にとっても体への負担が少ないということがあって、重宝されているものです。

しかし、介護ベッドは高額なものですから、申請をしてリースをするということもあります。

他には排泄機能低下という症状が出てくることもあるので、ポータブルトイレを使うこともあります。
ベッドのすぐ近くに置いておくということもあると思います。
昔と違い、今ではより介護がしやすいような工夫をしている介護用品が増加をしてきています。
必要に応じて使い分けると良いのではないでしょうか?